自作キャンピングカー、後部ドアへの網戸の取り付け

8ナンバー取得のために、最後尾にドアを設置したわけですが、

なななんと、妻からダメ出しが出てしまいました。

ドアにも網戸がなきゃヤダ!

な、なにい。陸運局がいいって言ってんだからこれでいーでしょ

・・・

まあ確かに夏になると、蚊とかハエとか蜂とかアブとかカメムシとかヘビとかイグアナとか・・・いろんな生き物が部屋の中に入ってくるんですよね。

だから夏の車中泊に網戸は必需品なのです。

でも、特に普通乗用車などに網戸を付けるとなると、かなり難しい話になるわけで、

この人なんかは

車全体を網で包んでしまうという大胆な作戦に出たりしてるわけです。

青の1号は、窓に網戸を付けてはいるのですが、

後ろのドアに網戸があればさらに快適になるはずです。

いちおうスダレとかを掛けたりはしてたのですが、

隙間だらけで、生物からの防御力はゼロに近いものがあります。




さて、このドアにどうやって網戸を付ければいいのか

・・・

うーむ。

まあ一応やってみますか。

ダイソーで買ってきたのはこれだけ。

蝶番、ラッチ✖2、網(200円)の計540円。

あとは余っていた端材を使って作ります。

 

まずは、ドアを外し解体します。

取り外したべニアを1/2よりやや大きめに切断して枠に再度取り付けます。

開いた枠の内側にもう一つ枠を作り、

べニアを内枠に貼り、

蝶番を付け、

最初に付けたべニアに取り付け、

ラッチを左端(ドアを立てた時には最上部)に取り付けます。

これで表面は完成です。

これを裏返し、タッカーで

網を張っていき、

完成です。



これが通常の状態です。

網戸にするときには、ラッチを外して手前に引いてパタンと倒してやれば

OKです。

中から見るとこんな感じです。

外からの視線が気になる場合には、レースのカーテンを付けてやればいいと思いますが、まあこれで大丈夫でしょ。

おそらく市販のキャンピングカーで、両窓+ドアでこれだけの面積の網戸がある車はあまりないのではないかと思います。

今回はちょっと悩みましたが、為せば成る。

考えて、想像して、やってみれば何とかなるもんです。

<追記>

今、秋田県の森吉四季美湖の湖畔にいます。

3つの窓のおかげで湖畔からさわやかな風が入ってきます。

 

↓クリックいただくと嬉しいです。

キャンピングカーランキング
定年後の暮らしランキング
日本一周ランキング

<お知らせ>

完成した青の2号で、日本一周混浴露天風呂の旅に出ています。

この旅の様子は青の風に吹かれてまで。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です